●森のあかりについて


納屋を改修して工房と展示室
築100年ほどの納屋を改修した展示室

 

 

森のあかり since  1991

 

「森のあかり」は1991年 工房兼ギャラリーを八ヶ岳南麓の大泉村(現山梨県北杜市)でOPENしましたが、この度、岡山県備前市に移り、オープンしました。

和紙の温かさ、やわらかな光
是非、ご覧下さい。

 

引き続きよろしくお願い致します。

 

 

  

森のあかりでは、手漉き和紙で和紙あかりや、テーブルランナー、スクリーン・タペストリーなど和紙のインテリア品を一点づつ制作しています。 和紙は自然素材を漉き込んだオリジナル和紙です。

  

欧米での生活や旅を通して、あかりは照らすだけでなく、暮らしを彩る重要なインテリアであることを目のあたりにし、明るくするだけの照明ではなく、暮らしの中で楽しめるような照明を作ることを決意。

日本の生活空間にあったあかり(照明器具)、そして、柔らかな光のあかりを作ろうと、光を優しく通す和紙を使って、あかり制作を始めました。

 

 和紙のある暮らしを、もっと身近に!

   

世界で知られている和紙をもっと日常で楽しみたいと、 テーブルランナー、スクリーン・タペストリーなど和紙のインテリア品も制作。 
和室だけでなく、洋間にも似合うインテリアです。
和紙は、すべて手漉きのオリジナル和紙です。

 

和紙あかりや、オリジナル和紙、和紙のタペストリーなど、展示販売しています。

ご希望のサイズ・デザインで、ご注文も承っております。

 

 ・お持ちの布地であかりをお作りしています。

お好きな布地、思い出の布地でを送っていただければ、布を和紙で裏打ちしてつくる
世界でたった一つのあかりをお楽しみいただけます。

メール、お電話でお問い合せ下さい。 

   


 

<古民家の宿「備前里」>

 

森のあかりの隣に、築90年の母屋があり、木造建築の古民家の魅力、和紙やあかりの温かさを共有したく、古民家宿「備前里」を営んでいます。 詳しくは、こちらをご覧下さい(準備中)。

(写真右:工房とギャラリー、
 左側:宿 )

 

 

近くには、国宝の閑谷学校(しずたにがっこう、日本最古の庶民の学校)があります。また、備前焼きの工房やギャラリーもたくさんあります。